おいしくないものは食べたくない病@大阪・神戸

快楽日誌 快楽主義とは、感覚的な快楽を幸福と捉え、これを産出する行為を正しい・善いとみなす倫理学上の立場であり幸福主義の一種である。

Chef Melba’s Bistro@ハモサビーチ

なんとなく思い立ってつれていってもらいました。

Melba's Bistro。

こじんまりとしてるものの、ガラス張りで明るく開放感があるかんじ!

シェフが近い!

そして接客のおにいさんはイケメン。

しゃれおつ。

 

ハマス

ヒヨコマメのペーストみたいなもんです。

わたしこれ実は苦手。

でもすごいおいしかった!

さっぱりとした酸味!!豆の生臭いかんじはなくて、ぱくぱくと平らげました。

 

和牛タルタル風

キャビアとかのっちゃって、さしのおおい和州牛をつかっていました。

アボカドがのってるのでなんかすごくカリフォルニアの雰囲気。

量がおおいとしんどくなるので、この量のすくなさはやさしい!

 

メインのカニ。

タイ風のスープでこれまたさっぱり。

ブイヤベースとアジアが出会ったようなさわやかさ。

ご飯とともにたべるので、日本人もきっと大好きなはず

 

メインのラムシャンク。

でかい!

ラム肉がどーんと。

ラム好きにはたまらないけど臭みはおさえてあるおいしい一品ー

 

 

ここのスペシャリティはこのデザートだときいてたべました。

チョコレートボックスにはいったパッションフルーツムース

さっぱりなんかくそ食らえな、濃厚でまったりとしたソースとチョコと

わーーーーっと口の中でまざって、おもいけどおいしい!

これおいしいよー!ってなるデザート。

デザートがおいしければすべてうまくおさまる。

そんなかんじのチョコボックスでした。

 

 

 

 

Android携帯からの投稿