美味しい快楽日誌

美味しい快楽日誌 快楽主義とは、感覚的な快楽を幸福と捉え、これを産出する行為を正しい・善いとみなす倫理学上の立場であり幸福主義の一種である。

Chado Tearoom@パサデナ&ダウンタウンLA

Chado Tearoomに一日で2回行ってしまいました・・・。

リトル東京とパサデナにいくようじがあったので、どちらもいってみました。

 

内装は、まさにティーハウス。

アメリカでは、あまりみかけないアジアのお茶もたくさん。

お茶だけで300種類もあります。

買って帰ることもできるので、おすすめ。

軽食や、アフタヌーンティーセット、ケーキなどもあります。

 

この日はとても暑かったので、アイスティーにしてみました。

わたしはラベンダーアールグレイのアイス。

普通のコップとさらにたくさん・・・。

時間がなかったのでTo Goのプラスチックカップにいれてもらいました。

しかもとてつもなくやすかった!

2人で800円くらい。

いいのか!?私たちが安いお茶を選んだだけなのかもしれないけれど。

 

パサデナの方ではホットのアッサムにしました。

ポットがとてもかわいい!

ほんをゆっくりよみながらのんびり。

 

スモークサーモンのオープンサンドもたべました。

おいしかったー。

アフタヌーンティーはおなかそこまでへってなかったのでまた今度ということで。

 

レストランでもティーバッグのお茶なので、うんざりしていたところ;;

Chado Tearoomで癒されました。

 

Chado Tearoomのウェブサイトはこちら

Android携帯からの投稿