おいしくないものは食べたくない病@大阪・神戸

快楽日誌 快楽主義とは、感覚的な快楽を幸福と捉え、これを産出する行為を正しい・善いとみなす倫理学上の立場であり幸福主義の一種である。

「Barbara Place Market」@中崎町

実はむかしここの系列店@神戸ではたらいていました。
7年くらいまえだけど。

つき出し(ふたり分)
これでそんだけおかねとるの!?っていうつきだしありますけど。
こういうのですね。つきだしって、このお店ってこういう雰囲気のごはんだすんだーとか
たのしみーってなるようなものなんだとおもうけど、ただのチーズじゃんていう。


でっかい黒板に書かれたメニューをもってきてくれましたが、
よみにくいし、あとどれがけされてるのかまったくわからないw。
わたしのあとにきた人たちも同じこと言ってました。


ローストビーフはソースがかなりあまめ。
ソース無しならすごくおいしかったはず・・・。
マスタード大量につけてたべました。


柿と生ハムのサラダ的なものもバルサミコがかかってるのでこちらもあまめ。


玉ねぎのローストはそのまんまなんですが、これがおいしい。
これがいちばんおいしかった。


あときのこのオーブン焼きもおいしかったです。
きのこのメニューはだいたいどのみせでも油ギッシュになりがち。
例外はすくないです。ここは普通くらいのぎとぎと度。


チーズはなぜかクラッカーがリッツ。
ここのお店はあまいものすきなひとがつくってるんだろうか。
なんかビストロ臭がどんどんきえていく・・・。リッツはおいしいんだけどね!


塩とかスパイスとかがおいしかった。これまずかったらもうどうしようもないしね。