美味しい快楽日誌

美味しい快楽日誌 快楽主義とは、感覚的な快楽を幸福と捉え、これを産出する行為を正しい・善いとみなす倫理学上の立場であり幸福主義の一種である。

「ビアホイ」ベトナム料理@梅田

ベトナム料理のお店に行ってきました。
ビアホイ!
ベトナム的な調味料がいろいろと。


ミミガー
ベトナム風でおいしい。シャンツァイ万歳。


おねーさんがテーブルでいためものつくってくれた


最終的にこんな感じになります
たくさんディルがはいっててめずらしい。
さわやかな香りー


単独かなーとおもいきや、麺とかいろいろきました。
お好みでピーナツとかたれをつけて。
真ん中の危険な色のやつは濃いアンチョビのようなかんじで、そのままほうちしていると
強烈な匂いwwwちょっとだけいれると美味

空芯菜のいためもの。こいつはとんでもないにんにく。
だがそれがいい。
空芯菜ってやっぱりちょっとお高いけど、しかたないよね。
ベランダで栽培したい。


おみやげ的にこんなのもうってるし


そしてホビロンもあります。
ホビロンは上を割ってそのなかにレモンだの香草だのいろいろいれてたべます。
卵と鶏肉の中間のようなあじで別にみためそこまでぐろいやつではなかったです
そしてなぞの白身を軟骨にしたようなかたいものがw
なんだったんだろう
でもおいしかった。