美味しい快楽日誌

美味しい快楽日誌 快楽主義とは、感覚的な快楽を幸福と捉え、これを産出する行為を正しい・善いとみなす倫理学上の立場であり幸福主義の一種である。

鮨吟 おまかせで舌鼓をうつ@北新地

北新地のお寿司では個人的にここが一番。鮨吟にきました。

お任せコース1万5千円+飲み物代です、今回は二人で3万8千円でした。

 

まず最初はキリン一番搾り、そして豆の香りが最高な枝豆、エビの頭を豆乳でにてゼラチンで固めた豆腐。この豆腐は最初は味がよくわからないのですが、すこしたつとうまみが口の中にぶわーーーーっとひろがってさいこう。ちびちび残しながらたべました。

f:id:vongolerosso:20170821125728j:plain

f:id:vongolerosso:20170821125730j:plain

甘エビは普段お店で食べるものとはまたちがいます。お塩で。

もう一つは柿の葉でしめたお魚・・・なまえがわからない青魚です。香りがいい。

f:id:vongolerosso:20170821125733j:plain

一杯目のおさけは いなびかり 庭のうぐいす

デザインもかわいい。すっきりなお酒。ここにくると好みに合うお酒をいろいろとだしてもらえます。見たことないものがおおいので、知ってるお酒が増えていく。

f:id:vongolerosso:20170821125735j:plain

筋子をほぐしていくら・・・・。ちょっと季節じゃないですがおいしかったので。。。とだしてもらいました。なんともいえない濃厚な味。

f:id:vongolerosso:20170821125738j:plain

伝助アナゴ の焼き物 ふわっふわで身が厚いし、やっぱりうなぎよりアナゴ派

もうひとつの焼き物は・・・・またわすれたもうねメモが必要。

f:id:vongolerosso:20170821125756j:plain

広島呉市のお酒 「寳剱 ほうけん」 

f:id:vongolerosso:20170821125801j:plain

 

雁木 another

f:id:vongolerosso:20170821125753j:plain

どのお酒も最高であてにあいます。

これは山菜 ウワバミソウ/ミズ 

しゃくしゃくで粘りが少しあって、見た目から想像できない食感にびっくり。でもさっぱりしていておいしいです。口の中が洗われる。

f:id:vongolerosso:20170821125845j:plain

松茸と鱧

贅沢な取り合わせでやっぱり香りがでるのはこういう煮びたしみたいなやつ。だしと松茸とはものかおりが濃縮されてます。

f:id:vongolerosso:20170821125850j:plain

ここから少し握り。全部とってはいないのでちらほら抜けていますが

大トロ

f:id:vongolerosso:20170821125857j:plain

クールダウン 純米吟醸 雑賀

f:id:vongolerosso:20170821125854j:plain

新子 シンコ♡握りのなかでいちばんすき。

f:id:vongolerosso:20170821125859j:plain

誠鑑 せいきょう 

f:id:vongolerosso:20170821125908j:plain

げそのにぎりとあなどることなかれ。うまみ、やわらかさ、でもはごたえ

バランスが最高でいままでなめてましたと土下座したいくらい・・・。

f:id:vongolerosso:20170821125915j:plain

最後のほうにウナギ。このあと鉄火まきもたべました。たべすぎ

おいしすぎ。胃の許容量がもっとおおきければいくらでも食べるのに・・・。

f:id:vongolerosso:20170821125918j:plain

季節ごとにかわるお酒とごはん。これがあるべき姿なんですがなかなかむずかしいですね。季節ならではのものたくさん食べられてよかった!

また何か月かごに・・・