美味しい快楽日誌

美味しい快楽日誌 快楽主義とは、感覚的な快楽を幸福と捉え、これを産出する行為を正しい・善いとみなす倫理学上の立場であり幸福主義の一種である。

「ふく吉」@西天満

はじめていきましたふく吉さん
北新地の有名店で修行した方らしい。




きれい。


かつお


数の子2種


なんだったっけな。おいしかった。


ホタルイカ


のれそれ


イカ






クジラ


金柑、しらすなど


丁寧で雰囲気もすごく良かったです。
でも個人的には鮨銀さんのほうがすきやも。
お寿司って難しい。