美味しい快楽日誌

美味しい快楽日誌 快楽主義とは、感覚的な快楽を幸福と捉え、これを産出する行為を正しい・善いとみなす倫理学上の立場であり幸福主義の一種である。

「まる作」@北新地

ながーーーーーーーいメニュー。
どんどん増えていったそうです。目移りしすぎてなにからたのめばいいのやら。
テーマを決めていくと良さそうです。


つきだし


ナスオランダ煮
オランダ煮とはなんやら・・・。とおもったらあげびたしのことでした。
とんでもなくおいしいです。
シンプルな調理法、シンプルな食材。少しの工夫。これだけで印象にのこりました。
器がうつくしいーー


万願寺いため煮
どれだけ好きなんだ。。いため煮。大好きです。
油とナスとか万願寺とか本当に合う!


きのこの小鍋。
松茸もはいっていて、香りが芳醇♥


牛肉のパン包あげ?とでもいうのかな。
さくさくで、なかはやわらかーーーい牛肉。
ただの揚げ物ではないところがポイント。おいしいです。


雁木ものみました。
たべすぎた。
上品なんだけど、上品すぎない、入り安いお店でした。