美味しい快楽日誌

美味しい快楽日誌 快楽主義とは、感覚的な快楽を幸福と捉え、これを産出する行為を正しい・善いとみなす倫理学上の立場であり幸福主義の一種である。

福岡旅 水炊き 長野

水炊き が もつ鍋よりたべたかったのです。
水たき 長野へいってきました。
結構とおかったwwwww


座敷に通されるともう、準備できてます。


突き出しの酢もつ
この酢のかんじがおいしいーー


ぶれっぶれの浅葱ともみじおろし


おやさいと肉団子アンドレバーとか
水たきは肉オンリーか肉団子だけか、半分半分かえらべます。
今回は半分半分で。


水炊きの食べ方にのっとtって・・・。
まずは、あさつきをコップに入れて、スープをたのしみます。
お好みで塩などどぞ。
ほわーーーーってなるあたたかさ。幸せ。
おいしー。


そして次は鶏をたべます、
酢醤油に薬味を入れつつ。
これまたおいしい。


そして肉団子をいれてもらい・・・
パクパクたべる。
おなかすいてたなら、おじやの中にぶっこみたかったなー。


そして最後に野菜どばーー。
キャベツをいれるのはここのオリジナルだそうです。
でもおいしい。
あとおふがスープをすってすごくすごくおいしいのです。


この後水炊きを家でもやりました。
がってん流だけどw
手羽を30分煮込み、肉をいれて煮込み。
これだけで、十分味はでててびっくり。
あとはたれは、お酢3 ポン酢1くらいでつくってみました。
おいしーーーよ!!!
ぜひどぞ!!!!