美味しい快楽日誌

美味しい快楽日誌 快楽主義とは、感覚的な快楽を幸福と捉え、これを産出する行為を正しい・善いとみなす倫理学上の立場であり幸福主義の一種である。

Bon Appetit JUNE:サマータイムにぴったりレシピと食材

私はBon Appetitという料理雑誌を年間購読しているのですが、

アメリカは雑誌の年間購読が本当に安い。

Bon Appetitも1冊かうだけだと書店では$5.99ですが、年間購読だと$1.2くらい?に下がります。

大体どの雑誌もです。

その雑誌のホームページにいけば大体年間購読のオファーと、特別プレゼントーみたいなのかいてあるので、おすすめです。

Bon AppetitのWebsiteはここから

6月号は夏にぴったりなハーブや野菜、それをつかったレシピを紹介しています。

表紙のパセリペストパスタ(早口言葉みたい・・・)の写真が、ものすごく

さわやかなので、夏を感じさせます。

ハーブの特集から!

*BASIL バジル

バジルはトマトのおともではありません。ももやうめなどとも相性がいいのです。

*CHERVIL チャービル

リコリスのかおりのする、フレンチチェフお気に入りのハーブです。デリケートなので、生でたべましょう。魚やたまごに最後の仕上げとしてのせてみてください。

*CHIVES チャイブ

バター類と相性がよく、こまかい小口切りにしてうえにのせれば、ほぼなんにでも合います。

*Cilantro シラントロ・パクチー・シャンツァイ(香菜)

辛い食材を使っている料理なら、清涼感のあるシラントロをつかってみましょう

*DILL ディル

バジルやシラントロといっしょにつかってもよし、まったく新しいハーブとなります。

*LEMON VERBENA レモンバーベナ

レモンの香りのする葉っぱです。紅茶やシロップにつけてつかいましょう。

*MARJORAM マジョラム

甘く、香り高いですが、みおとされがちなハーブです。サルサ・ベルデに足すと一味違ったものになります。

*MINT ミント

料理にくわえてもデザートにくわえてもおいしいハーブ。サラダに混ぜてみてはいかがでしょう。

*OREGANO オレガノ

ハーブのなかでも数少ない、ドライハーブにしてもおいしいハーブです。

*PARSLEY パセリ

くるっとなったパセリと、葉っぱのようなパセリと2種類ありまずが、形とフレーバーの強さで平らな葉のものがよくつかわれます。

*TARRAGON

春のハーブ。春野菜とあわせれば相性は抜群です。

上にあるハーブをつかったレシピが載っていたのでそれも紹介したいとおもいます。

1 ハーブ入りステーキサラダ(4人分)

シャロット(薄切り)1

レッドワインビネガー 1/4カップ

オリーブオイル 1/2カップ と 小さじ2

なすび、コーン

薄めのステーキ

アルギュラ(ルッコラ)2カップ

ミント、バジル、シラントロなどのハーブ 2カップ

作り方は非常に簡単です。

シャロットとビネガーをまぜ、5分ほどおきます。そのあと塩コショウであじをつけ、オリーブオイルを1/2カップを入れまぜます。

コーンと茄子は小さじ2のオリーブオイルをいれたフライパンなどでグリルし、塩コショウで味をつけます。ステーキはミディアムレアにやき、野菜とともにすこしおいて熱をとります。

食べやすい大きさにステーキと野菜をきり、アルギュラ、ハーブ類とともにビネガードレッシングと混ぜ合わせて完成です。

2チャイブオイル

チャイブ 3束

グレーブシードオイルまたはサラダ油 1と1/2カップ

こしきにコーヒーのフィルターをせっとしておきます。

チャイブとオイルをブレンダーで混ぜ、その後フライパンで3分ほど加熱します。

こしきでこして完成です。

(ゆっくりとおちてくるのでそのままにしてください。でないと油がにごります。)

ディルかパセリでつくることもできます。

3.グリルチキンwithハーブドレッシング(4人分)

小さじ1/2ペッパーフレイク

3/4カップ シラントロ

1/4カップ オレガノ

1/4カップ オリーブオイル

塩、胡椒

1.8kg チキン

ライムカット

ライムの皮を刻んだもの少しとしらんどろ、オレガノ、レッドペッパーフレイク、オイル、塩、胡椒を混ぜる。

グリルで、塩コショウしたチキンを焼く。両面に焼き色が付いて、いちばん太い部分の温度が74度になったら完成です。焼きあがる5分前になったら作っておいたドレッシングをぬる。

焼きあがったチキンを、ドレッシングを入れたバットにいれます。(チキンは皮目を上にして)10分ほど肉を休ませて、お皿にもりつけ、上からドレッシングをすこしかけて完成です。

そしてたぶん続く・・・。