美味しい快楽日誌

美味しい快楽日誌 快楽主義とは、感覚的な快楽を幸福と捉え、これを産出する行為を正しい・善いとみなす倫理学上の立場であり幸福主義の一種である。

テメキュラワイナリー③:Palumbo

3件目にてついにいかにもワイナリーぽい

こじんまりとした、家族経営のワイナリーへ。

 

最初の二つとくらべて、すごく小さい!

カウンターの中では二人がみんなのワインテイスティングを

サポートしてました。

すごくフレンドリーで楽しかったー!

ここで作ってるのは赤。

一番最初は白だったけど、そのほかは結構しっかりした赤で

Palumboでみんなのテンションがいっきにあがる・・・笑

 

Anthropology÷??

 

このリストをだんだん下がるうちに、どんどんいい気分に。

ワインの写真というより

無駄にお互いの写真をとりまくって

あんまりブログに載せるものがない・・・・w

Anthropology÷??

 

ここでだしてもらったのは

SangioveseサンジョベーゼとSirahシラーとあとはCaberne Sauvignonカベルネソーヴィニヨンなどのミックス。

カベルネ、サンジョベーゼ、シラーはカリフォルニアも代表的な産地の一つなのです。

しかも軽いのより重いのが好きなわたしにとっては、

すごくラッキーなセレクションでした!

 

上機嫌でPalumboを後にして

最後のワイナリーへ・・・・

 

④Gershon Bachusに続く・・・・