おいしくないものは食べたくない病@大阪・神戸

快楽日誌 快楽主義とは、感覚的な快楽を幸福と捉え、これを産出する行為を正しい・善いとみなす倫理学上の立場であり幸福主義の一種である。

「老松割烹 天ぷら あ・うん」ポーションは少な目の割烹ランチ@西天満

老松通りにある割烹萬津があ・うんにかわって結構立ちますが

ひさしぶりに あ・うん のランチを食べに行きました。

曜日ごとにけっこうメニューが変わって、固定なのは松花堂弁当、ステーキ御膳、寿司ご膳。ほかはいろいろかわります。

こちらは松花堂弁当

焼き魚、刺身、煮物、天ぷら、味噌汁、ごはん、茶わん蒸しです。

刺身とかはすっごくちいさくて切れ端のようなレベルでした。

鮮度は悪くないのですが小さすぎでびっくり。

天ぷらだけは多めでそこはお得かなと。

f:id:vongolerosso:20170908144300j:plain

天ぷら御膳

エビ天が2尾、かぼちゃ、白身魚、さつまいも、しいたけ、ししとうで全部だったと思います

f:id:vongolerosso:20170908144305j:plain

小さな小鉢2つ、天ぷら盛り合わせ、茶わん蒸し、ごはん、味噌汁

ごはんがお代わりできるので、それと天ぷらで天丼きどりでばくばくたべました、

f:id:vongolerosso:20170908144303j:plain

ひとつきになるのは店員さんの態度というか

給仕のひとが注文を通しているのに、料理人はうんともすんともいいません。

そして文句だけ言う。オープンなのでそれが全部見えます。

注意するのは大事ですが、口を開くのがそれだけというのも・・・

ありがとうございましたと最後に言われてもなぁ。

あとは天ぷら出来立てのものをすこし放置されてから持ってきていました、これもよく見えてしまうオープンキッチンのいやなところだなぁと。

でも1000円でこれだけ食べられるのはお得です、

ちなみに喫煙なので隣の人がいきなり吸い出すかもしれません!