おいしくないものは食べたくない病@大阪・神戸

快楽日誌 快楽主義とは、感覚的な快楽を幸福と捉え、これを産出する行為を正しい・善いとみなす倫理学上の立場であり幸福主義の一種である。

「麺や マルショウ」でくせになる黒酢の入ったスープとあっさり塩ラーメン@北新地

北新地の永楽町にお店があります。永楽の音羽寿司の斜め向かい

さすがに速い時間はのみにいくひとだらけでラーメンをたべているひとはすくなかった・・・。

 

お店は食券式でカウンターとテーブルがあります。

f:id:vongolerosso:20170814111508j:plain

夏季限定メニューもあり。

営業時間は夜は3時までアフターや飲んだ後のお客さんがおおそうですね。

f:id:vongolerosso:20170814111512j:plain

台湾まぜそば780円 こちらはにんにくたっぷりなので今回はパス。

種類も塩、カレーなどあっておいしそうです。

今回は醤油中華そば(黒酢の入ったスープ)700円

塩中華そば700円をたべました。

f:id:vongolerosso:20170814111521j:plain

こちらは塩中華そば

あっさりとしたスープは全部飲み切ってしまいそうな。。。

カイワレやねぎでさらにさっぱり度を加速させます。

柚子胡椒があってそれをたすと味変ができて2度おいしい。

黒酢のはいっている醤油中華そばは写真をとりわすれたのですが、

こちらは本当に癖になるあじです。すっぱすぎず、さわやかな味でいままでたべたことない中華そばでした。

食欲増進でたくさんたべてしまいそうになる一品。

あっさり系のラーメンは北新地に少ないのでとってもうれしい。

もうすこしはやってもいいのになぁとおもわせるお店でした。

f:id:vongolerosso:20170814111523j:plain