おいしくないものは食べたくない病@大阪・神戸

快楽日誌 快楽主義とは、感覚的な快楽を幸福と捉え、これを産出する行為を正しい・善いとみなす倫理学上の立場であり幸福主義の一種である。

「一成だるまや」初めての姫路おでん@姫路

姫路城を見た帰りにどこかでおでんを食べようということになり。

f:id:vongolerosso:20170829153114j:plain

人気のお店みたいで、ほぼいっぱいでぎりぎりはいれました。

鶏レバーの生姜煮。柔らかくてお酒にあいます。ねっとりとした舌触りがたまらない。

f:id:vongolerosso:20170829153033j:plain

お刺身

f:id:vongolerosso:20170829153035j:plain

粕汁

冬はやっぱり粕汁ですね。お味噌汁よりも体がぽかぽかして、冷えた体をあたためてくれます

f:id:vongolerosso:20170829153040j:plain

生姜醤油でたべる姫路おでん。

これ以外とあいます。そもそも関西ではあんまりおでんをたべないのですが・・・

というかおでん文化ではない

私はおでんのこと関東炊きと呼びますー

しかしこれはおいしい!味がよくわかって変化をより感じられるので飽きずにたべられます

出汁のおいしさもあるので出汁醤油で食べてるような感覚です。

f:id:vongolerosso:20170829153037j:plain

 焼き鳥もありました。

f:id:vongolerosso:20170829153043j:plain

居酒屋さんのお姉さんの接客がとても的確でやさしくてはじめてはいったのにファンになりそうでした。

やっぱり地元のお店でいいお店はだれにとってもいい店であってほしいのです!