おいしくないものは食べたくない病@大阪・神戸

快楽日誌 快楽主義とは、感覚的な快楽を幸福と捉え、これを産出する行為を正しい・善いとみなす倫理学上の立場であり幸福主義の一種である。

俺のフレンチ、イタリアン@難波

前回炭水化物をあまりに頼みすぎて、撃沈だったので
リベンジ。

どうしてもたべたかった期間限定のモンドールスプーンいっぱいでも十分なほど濃厚。


シャルキュトリ盛り合わせ
量がおおい!!!!
3人ではやっつけきれないかもとまた後悔しつつ


フォアグラ三昧な前菜。
金柑がはいっていたのでちょっとましでしたが、かなりあぶらっこい!
スニッカーズをあげるアメリカ料理的な雰囲気がw



フォアグラとトリュフのリゾット。
温かいうちにたべれたら、吉。
やっぱりさむいので、冷えるとあぶらがきわだって、だんだんとしんどくなってきました。


ジビエ!
ベリーソースでさっぱり!
とってもおいしいいーーー赤身の肉で油をながします。


そして女子たちはデザートをたのむ・・・・。


ミルフィーユも美味でした。